3 Minutes Diary クリスマスハウス




今日はクリスマスハウスへお引越し。

クリスマスハウスは

マイケルとKiyoが命名したのですが、

マイケルの友達がインドに3週間行くことになり、家に観葉植物があるため誰か世話をしないといけないということだったので、

うちら2人が代わりに住んで植物の世話をするのはどうかという話に。

つまりはベイビーシッターならぬ

プラントシッター

今日から3週間のプラントシッターとしてマイケルの友達の家へ引越し

クリスマスと正月をそこで過ごそうとの魂胆笑

というわけでクリスマスハウスと名付けられた家へ引越しなわけです。

いつもと違う環境で過ごせばトロントにいながらバケーションに行くみたいでワクワクなわけですよ。

というわけで、

キングストリートのストリートカーを使っていくことに

荷物はスーツケース、バックパックにトートバッグ。

f:id:kiyosadventure:20191222114655j:image

トートバッグの中にはスケートシューズ笑

いつもと違うストリートカーに乗って行くのは新鮮。

ストリートが変わるだけでトロントの町の雰囲気も変わるから面白い

f:id:kiyosadventure:20191222114621j:image

数分乗って目的地へ

クリスマスハウスの周りは昔ながらの

カナダのブリックハウスでクリスマス感がアップ

f:id:kiyosadventure:20191222114840j:image

やっと着いたマンションは25階建のビルで

クリスマスハウスは16階。

まじで楽しみや。

ロビーにはクリスマスツリーが飾ってあってここでもクリスマス感がアップ笑

パートナーのマイケルが出迎えてくれて、

早速中に、、、

一番最初に見えたのはこの景色

f:id:kiyosadventure:20191222115125j:image

なっなんと、部屋のバルコニーからは

CNタワーとイーストサイドの夜景が一望できるなんとも贅沢な部屋

What the F***

を何十回か繰り返しいいまくり

ここ凄いいいお部屋じゃん!

ってマイケルにいうと。

あっよかった、Kiyoが気に入らないかと思った。

と、

って俺どんだけ期待が高い人に見られてるんだ?と思う

まぁいいや、そんなこと

とにかくとても綺麗で2人には少し大きい部屋でのびのびと3週間暮らせる。

今日はワインを開けて

景色を見ながら乾杯したいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA