トロントのハーバーフロント・Natrel Rinkでスケート体験 冬の夜景を楽しむならここ!




こんにちは!

みなさん12月になって忙しいと思いますが、

ブログをみていただいてありがとうございます。

今日はトロントの友達たちとスケートに

ハーバーフロントまで行ってきたのでブログでシェアして行きたいと思います。

マイスケートシューズ

トロントにきてまず驚いたのが、

カナダ人はほとんどっていうぐらいマイスケートシューズを

持っています。

最初にスケートに誘われたのは

仕事を始めてから数日後のある寒い日(1年前)。。。

スケート行かない?と同僚から誘われ。

へ?スケート?

と2度聞

多分横浜や東京あたりに住んでると

仕事終わりにスケート行くことなんて絶対ないので

その気軽なスケート行かない?

の意味がわからず笑

スケートは人生で5回ぐらいやったことあったのですが

(5回とも横浜の赤レンガで)

日本でスケート行くってなると

じゃあ日曜日に待ち合わせて、

赤レンガに着いたら

スケートレンタルして、

あ!そうそう手袋持ってこないと

お金払って買わないといけないから絶対持ってきてね

的な。

気合いと準備が必要なアクティビティーと記憶していたので

あまりにも気軽な誘いに戸惑う。

えっと、

スケートシューズ持ってないんだけどレンタルとかできるのかな?

あぁ、大丈夫使ってないシューズがあるからあげるよ、

サイズなに?

えっとサイズ10。

あっ、じゃあ一緒だ。あげるよ。

とのなんとまあ、太っ腹な。っていうかシューズ二つ持ってるのにも驚く。

彼は昔フィギアスケートを習っていたので、昔のシューズがあるのだと。

という感じで初トロントでのスケート体験をしたのでした。

あれからまた一年。

外も雪がちらつく季節になり

仕事場の同僚たちがスケートに行くということだったので、

貰ったスケートを持って一緒に滑ることに。

Natrel Rink

www.harbourfrontcentre.com

ここNatrel Rinkはトロントでもっとも人気なスケートリンクで

オンタリオ湖とCNタワーに挟まれた位置にあり

景色も最高のスケートリンク。

もちろんカナダ初の人でスケートシューズを持っていない

なんて人もご心配なく。

ちゃんとシューズレンタルもしているので気軽に楽しめることができます。

シューズレンタル

スケートシューズのレンタルはスケートリンクの隣にある

建物でできます。

f:id:kiyosadventure:20191219045528j:image

料金は

大人

スケート $13

ヘルメット$7

セット(スケートとヘルメット)$20

子供

スケート $8

ヘルメット$5

セット(スケートとヘルメット)$9

もしマイシューズがあって

刃を研いてほしい場合は$10で磨いてくれますよ!

日曜日ー木曜日 9時ー22時

金曜日ー土曜日 9時−23時

とレストランより長い営業時間笑

食べ物よりスケート優先笑

f:id:kiyosadventure:20191219045949j:image f:id:kiyosadventure:20191219045646j:image

中にはロッカーもあり$1コインで小さいロッカー

$2コインで大きいロッカーが借りれます。

もちろん暖房が効いてますので

寒い中着替えなくても大丈夫。

スケートリンク

さあ、スケートシューズに着替えて早速氷の上へ

入り口では初心者の方達が練習しているので

巻き込まれないようにご注意を、

最初にトロントで滑る前に

カップル(初めてのスケートだったのか)

お互いにバランスを取ろうとしてお互いを支えようとしたのか

彼氏の首が彼女の腕に絡まりお互い転倒し

二人とも頭をガッチンと氷の上に叩きつけて

動けなくなっているのをみたのでちょっと今でも

滑り出した最初の数分はビビってる。

だんだん慣れてくると周りをチラチラ見れるようになってきて笑

CNタワーや他のハーバーフロントに建てられたビルたちを眺めながら

スケートをする贅沢な時間。

f:id:kiyosadventure:20191219045744j:image
f:id:kiyosadventure:20191219045739j:image

音楽も流れているのでそれに合わせながらステップを踏んだり

スピンをしたりと上級的な滑りを繰り広げる

トロントの友達たち。

Kiyoも挑戦するが頭をかち割りかける。

イギリスの友達たちもスケートがうまく

みんな後ろ滑りとかしてる。

というわけで今日は後ろ滑りだけでもマスターしたいと思い、

リンクのセンター

(みんなリンクを反時計回りに滑っていてセンターはあまり人がいない)

で練習することに。

後ろに滑るには腰を振ってその勢いで後ろに下がるの!

はい!振って!ミギー!ヒダリー!!!!

と言われるまでに腰を

ミギー!ヒダリー!!!!

に動かすが全然動かない。

ただ腰を振ってる日本人となってしまったKiyoは

周りから笑われる羽目に笑

何回か腰を振っていると

だんだん後ろに下がってきて

腰を右に振った瞬間に

左側の足を爪先立ちにし一気に後ろに引くとうまく後ろ滑りできることに気づく笑

うまいうまい!と周りからの声に

調子にのるKiyo

ペンギンのケツみたいにフルスイングする腰が

まだ面白いのか爆笑の友達たち。

とオンタリオ湖側から

わーわーと雄叫びが聞こえてくる。

地元のランニングクラブなのか

クリスマスライトを体に巻いてランニングしている

団体がリンク前を通過する。

f:id:kiyosadventure:20191219045843j:image

リュックにスピーカーを入れて走ってるのか

音楽が聞こえてくる。

カナダは寒くて家の中に閉じこまりがちですが、

ランニングクラブやスケートなどいろんなアクティビティーを楽しめる

トロントではどんどん外に出て楽しんでほしいと思ったKiyoなのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA