シアトルおすすめスポット シアトルの旅1日目 スターバックスリザーブロースタリー




シアトルの旅1日目 スターバックスリザーブロースタリー

Hello! How are you doing, guys?

今シアトルに来ています。久しぶりのシアトル、と言っても最後にきたのは7年前www

グレーの空と雨を見るとシアトルに来たことを感じさせます。

自分はこのグレーの世界が好きで気分が上がるのですが、

シアトルに住む友達たちは太陽が欲しいと必ずと言ってもいいほど言っています。

冬にシアトルに来たい方はそんな雨の日が好きな方におすすめです。

太陽が好きな方は7月、8月がベスト!中でも夏のフェスティバルSeafair Festival シーフェアーフェスティバル”は必見ですのでぜひチエックして見てください!

と言うわけで、シアトル一日目。

Pike Street パイクストリート”にある “Starbucks Reserve Roastery スターバックス・リザーブ・ロースタリー”に行ってきました。

大きいお店なのですぐわかりますが、行くまでが大変(*_*) 何しろ丘の上にあるので軽く山にのっぼっている気分。

美味しいコーヒーが飲めると思ってひたすら登って下さい。

バスも使えますが、いろんな面白いビルやアートが見れるので、歩いたほうが沢山の発見があっておすすめです。

外見は白い煉瓦造りでイタリアの建物を彷彿とさせる大きな建物。

中は木と銅の作りで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

入り口は2メートル以上ある木製のドアに、上を見上げるとスターバックス初代のロゴを見ることができます。

f:id:kiyosadventure:20190104072039p:plain

中に入ると焙煎されたコーヒーの匂いと主に香り高いペイストリーの焼けた匂いが食欲をそそります。

なんと、この一つの店に8つのカウンターがあるんです。

まるで、コーヒーのテーマパークwwwでは一つずつ紹介していきたいと思います。

これがわかれば、シアトルロースタリーに行った自分は何が欲しいか、何処に行けばいいかわかりますね!

ぜひ行く前に読んで行った下さい!

1 Main Barメインバー

主なエスプレッソドリンクやペイストリーが購入できるカウンター。

店内中央部にあるバーです。

f:id:kiyosadventure:20190104072226p:plain

もし何が飲みたいか分からなかったらバリスタに聞いて見ましょう!

ここでしか飲めないコーヒーがあるので自分の好みに会った限定のドリンクを作ってくれるでしょう。

また、コーヒーの飲み比べがしたいのであれば、Flight フライト と言うメニューがあります。

コーヒーが好きな人にはオススメの飲み比べ体験ができるメニューです。また、コーヒーの落とし方も沢山あるので、どうやって落としているのか見るのも楽しいですよ。

2 Scooping Bar スクーピングバー

メインバーの隣、ロースタリーでローストされた新鮮なコーヒー豆を量り売りしてくれます。

もし、ホテルにコーヒーマシンがあるなら、朝にそのコーヒー豆でドリップコーヒーを作って見るのもいいかも。

3 Handpicked at the Roastery ハンドピックドアットロースタリー

買い物が好きなあなた!ぜひここのショップで友達へのお土産や、自分へのプレゼントをお探し下さい。

店に入ったらすぐに目に入るのはここのエリア。

売っているものは、ロースタリーでしか買えないアイテム、コーヒーマシーン、タンブラー、Tシャツ などなど。

旅の思い出として、毎日使えるタンブラーをここで買ってもいいかも。

見ているだけでも楽しいのでぜひ立ち寄って見て下さい。

4 Mixology Bar ミキソロジーバー

コーヒーじゃなくてお酒がのみたいんだけどって思ってる方!ご安心ください。

ここのミキソロジーバーではビールから普通のカクテルはもちろんのこと、コーヒーやスタバのティーを使った

カクテルを飲むことができます。夜にフラッとシアトルの街を眺めながらお酒に舌鼓というのも悪くないですよ。

5 PRINCI プリンチー

ペイストリーを売っている所。店を入って一番右のコーナー。

f:id:kiyosadventure:20190104072348p:plain

コーヒーも美味しいですが、忘れては行けないのがここのペイストリー。

売っているペイストリーは”Rocco Princi ロコ・プリンチー”が監修。彼はイタリアのパン職人で有名な方です。

ここの店では、パン、ピザ、デザートなど幅広くプリンチーが手がけています。どれを食べても凄まじく美味しいwww

食材はプリンチーが一つひとつ選んだもの、繊細で素材そのものの味を存分に楽しめるペイストリーセクションです。

6 Roasting Area  ロースティングエリア

ここの店の最大の見所となるエリア、コーヒー豆を焙煎してぱケージに入れるまでの工程を見ることができます。

f:id:kiyosadventure:20190104072500p:plain

何人かの職人がここでコンピュータ画面を見ながら焙煎をしています。時間があるときに話しかけると機会の説明などを

してくれますよ。もしもっと奥を見たいとおもたあなた。トイレの手洗い場がガラスでできているのでそっからのぞいて見るといいかも!

7 Experience Bar エクスペリエンスバー

メインフロアーから下に階段で下がったフロアーにあります。沢山のコーヒー抽出器具があり、お好みのコーヒーの淹れ方で

コーヒーを作ってくれます。見ると真慣れたコーヒー器具。。。サイフォン!そう、ここではサイフォンで落としてくれたコーヒーも飲めますよ。

ちょっとレトロな日本の喫茶店にいるみたい。もちろんサイフォンは日本製でした。

f:id:kiyosadventure:20190104072607p:plain

8 Coffee Library コーヒーライブラリー

ミーティングなどに使える長テーブルがるスペース。上のロフトにも上がれるます。

f:id:kiyosadventure:20190104072725p:plain

ここからもコーヒーの焙煎過程を見ることができます。(最後のパッケージの仕上げ部分)

8 私の購入したコーヒーとペイストリーは??

というわけで、私がここで飲んだ飲み物は、Whiskey Barrel-Aged Guatemala ウイスキー・バレル・エイジド・ガテマラ。

ウイスキーのバレルの中で寝かしたコーヒーです。ウイスキーの香りとコーヒーの香りが合わさってデザートのような甘い匂いがしました。

ウイスキーグラスの中に入っているキューブアイスの上に落として飲むのですが、口に入った途端、ウイスキーの甘さとナラの木の香りが広がりフルーティーなコーヒーの風味とチョコレートのような舌触りが楽しめます。

ペイストリーはプリンチーのサラミとチーズのサンドイッチ(名前忘れちゃった( ;∀;))を注文。

外はカリカリで中はトロッとしたチーズとづパイシーなサラミが絶妙な一品。イタリアで食事しているような気分になれること間違い無しです!

9 まとめ

どうでしたでしょうか?

ロースタリーは1日では制覇できないので、シアトルにお越しの際は、朝に行ったり、夜に行ったり時間を見つけてはフラッと立ち寄るといいかもしれません。

私も今回の旅で3回は行ったかなwww

f:id:kiyosadventure:20190104072938p:plain
バリスタたちと

また一人でまったりしたい時にもおすすめ、旅行はせかせかしがちですが、ちょっとゆっくりシアトルを楽しむのもいいんじゃないかなって思います!

ではまたね~。

↓↓よかったらぶろぐ応援クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA